企業・組織に引っ張りだこ

印刷物

紙媒体にしか出せない良さが再確認される

今、多くの企業や組織の広告活動において、チラシ印刷による紙媒体での広告が改めて人気になっているようです。一時はネット広告等に押されていましたが、ここに来て企業や組織のチラシ印刷依頼が増加傾向にあります。その人気を集める理由には色々ありますが、紙の媒体による広告の良さが見直されているという点が大きな要因の一つです。以前は、印刷技術も今ほど高くなく、チラシ印刷では商品等の細かな部分や色合いが完璧に再現出来ませんでした。それで注文した商品が思った物と違い、ネット等の映像媒体による広告を参考にするという流れになったのです。しかし、今ではチラシ印刷の技術は急速に進化し、まるでその商品そのものを手に取っているような表現が出来るようになりました。また、チラシを読むという行為をしたいというニーズの高まりもあります。メディアやネット上に流れる広告を見るという事は、いわば受動的な行動になります。対して、チラシ等の紙媒体の広告を読むという事は能動的な行動で、自身で手に取った時のイメージを作るという作業を脳内で行います。これが痴呆症等の予防になるため、積極的に何かを読む・考えるという事をしたい層に受け入れられているのです。さらに、新聞購読者の減少という要因も絡んでいます。特に若年層の一人暮らし等では、新聞を購読している人は顕著に少なくなっているようです。そのため、そうした層を取り入れたい企業等が、その層向けに自企業の商品やサービスを知ってもらいたいとチラシ印刷を依頼しています。その他、チラシに2次元コードを付けて、チラシの商品やサービスに関する動画が見られるようにする等、メディアミックス展開をしたいという場合にもチラシ印刷は使われています。紙媒体でしか出来ない利点を最大限に活かせる業者の存在が、人気を集める最大の要因ともなっています。